So-net無料ブログ作成
夢メモ ブログトップ

ステーキハウス [夢メモ]

ニューヨーク?
カナルがあった、ハワイか?
違うかな、よく分からない。
父と母と、こーさんもいたかも。両親が昔サービスしてもらってたお部屋をお願い。
地下のカウンターでと言われたのを、粘って、昔話をして、オサオサというあだ名のマネージャーにおねだりして、20分かかったらしいがそれはないだろ普通。笑
でもそれでOKになって、両親はすごく喜んでた。多分もうこないから、最後の思い出とかいって。
カナルが見えて、とてもすてきだった。
いい夢でした。

最近、夢見が悪いです [夢メモ]

死に関する夢は吉夢だったりもするそうだが、やはり楽しかったというのが残らないから(むしろどっと疲れてしまうので)あまり嬉しいものでもない。

一昨日は、私が三人ほど殺していて(相手はよく知らない人々、思い入れもない、多分成人男性であろうというくらいしか分からない)、どこだかよく分からないけど自室らしい和室で書き置きを残している、というような夢。

昨日はその続きで、友人のお祝いかなにかでカラオケかな? 行くのだけど、私の手を見て友人が気づいてしまう設定らしく、バレたと悟った私は一緒にいた園ママと夫に別れを告げて、警察に自主しに行く、というものだった。
なんなの。笑

で、今日は見知らぬ女の子の何回忌だかに、次兄や友人(なのか? 数名のビジネスマン)たちとその子の家を訪れる夢。
妹がいる。年老いた両親もいる。部屋はそのまま残っている。ニュースになったようで、全国から亡くなった彼女へお手紙などが届いて、お母さんが壁に貼ったりしている。
そういや娘らもいたな。彼女の残した漫画を読んだりしていた。もう帰るよって言ってるのに、みたいな。
帰り際、お母さんに「また来ます......あるいは、もう、来ないかも」と言って、あちらも、分かってるわ、とでも言うようにうんうんと頷いてたのが印象に残ってる。てゆーかそこで完全に覚醒した。

......だから、なんなんだ!笑
まったく思い入れもないし、知らない人を殺したり、弔いに行くってどーゆー夢なの。(^-^;
映画か、っていうような感じなんだよなあ。
若い頃のように三人称な夢は最近見ないが、一人称視点で、本人(つまり、私)が誰だかよくわからんというような夢を見るのはなんなんだろうか。
しかもファンタスティックなのよねえ。
まあ、昔はそれこそレジスタンスの一派で、金髪に近い茶髪の外人男性である、なんてのも見たよな。誰なんだよ!っていう。笑
ここ数日のは、恐らく実年齢的にも私本人に近い設定のようだから、リアルっちゃーリアルなんだが、舞台設定がわけわからんのだ。むしろ怖いわ。(^-^;

そして何より四時に起きちゃうとかほんと辛い。寝不足。

悪夢を見た [夢メモ]

なんかどっかの団体の管理人さんがやめたらしく、新しい若者になぜか私が引き継ぎをせねばならない。
ユカちゃん(25才)←やたら具体的w 彼女はやる気もあり、真剣に聞いてくれるので、引き継ぎはスムースに進んだ(ようだ)。
良かった。

次の場面は畑だった。
設定的につながっているようだ。家族もいた。
みんなで仕事をし、疲れたながらも楽しく過ごせたねーと充実感いっぱいで帰宅の途につく。

家(なぜか実家)につき、ケータイを忘れてたことに気づいた。
しかもやべえ、元カレ(大学のころほんの一ヶ月かそこら付き合ってた人)と久々に会ってメシでもと約束してたっけ(;´д`)
とか思い出し、充電しながらチェック。

この時点では30分くらい遅刻だな、くらいで、やべえっすわー、くらいだった。
なんていおーかな、もしなんだったらごめんして、ドタキャンにしちまうかw なーんて考えていた。
母が夕食の準備をしていて、においが漂い、父も充電しに来て、コンセントを前になごやかに話せるくらい余裕だった。


と こ ろ が。


彼からのメール何通かの間に、別の人からの連絡が何度も入っていた。
電話の着信も、何度も。


Twitterのフォロワーさん(対面したことはないけど、大切に思う人だった、具体的な名前や顔は分からない)と待ち合わせしていたのだ!
チケットではないと思うのだが、グッズがなにかを売ってもらうとか、とにかく何かのやりとりをするはずだったのだ!!!

その待ち合わせ時間は!
なんと!
昼の十一時!!!

引き継ぎしてたころやん! とか考えてる場合か!



あまりに戦慄し、顔面蒼白で硬直する私。

最初は、「もーすぐ着きまーす♪」「現場に到着☆」などの楽しそうな文面。
次に「少し遅れそうですか?」「大丈夫ですか?」などの心配するもの。
その後がだんだんひどくなって、とゆーか、怖すぎて覚えてないくらいなんかもう。
「何時間立ちっぱでいればいいのでしょうか」って文章があったのは覚えてる。
畳に額を擦り付けても謝りきれない。
だって申し開きのしようもないくらい「忘れてた」だけで、百パーセント私のミスなんだもん。
血の気が引き、指先が氷のように冷たくなり、頭の中は「どうしようどうすればいい」の無限ループ。
心臓痛くて、口からは泡を吹きそうでした。

結局、二件とも返信できないままスマホ握りしめてる......で、目が覚めた。

今、何時?!って思ったよ。(苦笑)
なんて怖い夢か。
久々に見た、悪夢でした。
夢メモ ブログトップ