So-net無料ブログ作成

Praha2019 [旅行]

娘たちの受験が相次ぎ、ハワイ旅行に行けていません。
今年は天皇陛下のご即位があってG.W.が10連休だったので、ハワイ行こう! とも思ったんだけど、ハツの友だちがチェコにいるので、(反対する夫を説得して)プラハに行くことになりました。
部活があるから残ると言う長女もいるので、弾丸旅。三泊五日です。

■メンバー
こーさん(夫)48歳
私(妻)40歳
ハツ(次女)12歳
タン(長男)8歳

■旅程
4/30(火)出発、夜プラハ着。
5/1(水)プラハ城見学。川でペダルボート。子どもらは友達の家にお泊り。
5/2(木)ムハ美術館、クレメンティヌム、天文時計見学。
5/3(金)帰国。昼前にテイクオフ。
5/4(土)朝、成田着。


■4/30、空港にて
今回はJALじゃないので、チェックインカウンター探すのも一苦労。デジタルチェックインもなんかできなかったし。コードシェア便だからできないのかしら? 良く分からない。
一時間くらい並んで無事チェックイン。

DSC_0002.jpg

ラウンジも利用できないので、お店なんかを見て時間を潰し、ようやくゲートへ。
ハツ「ケイタイがない」
はあ?! さっきのジブリの店? ポニョとそっくりww とか遊んでたとこですか。ダッシュ、ダッシュ! ……一応こーさんも行く? まさかとは思うけど帰りに迷子とかなったらやばいもんね。
しょっぱなからトラブル発生、どきどきしちゃう。でもまあすぐに見つかって良かった。搭乗も前の方の席だからラストの方でOKだしね。

フィンエアーの機内は北欧の航空会社らしく白とライトグレーで、ブルーのライトが印象的に使われていました。
機内食は……まあ、普通。ちょっと味が濃かった。そばがついてた。子どもがめんつゆこぼしたけどね(帰りのフライトで)。

DSC_0019.jpg
こちらは一回目のチキンクリームとポテト。

DSC_0020.jpg
こちらは二回目の軽食。チャーハンと豚肉。これはまあまあ。

テレビは座席ごとについてるんだけど、前の人が座席を倒すと画面が斜めになっちゃうのが残念。
アメリカ⇔日本だとディズニーチャンネルがあるんだけど、それはなかった(だからと言ってムーミンチャンネルがあるわけでもないがw)。
ゲームの種類が少ないと言って子どもらは嘆いていて、しかもなんかロックかかってて出来なかったり、タッチが不具合あったりで、ややストレス。

でも、
DSC_0014.jpg
飛行経路が詳しく見られたり(動かしたり、ピンチでズームアップとかできる)、

DSC_0018.jpg

DSC_0017.jpg
フライトカメラが機体の上下についていたりしたのは面白かった。

昼に出て夜に着くので、長いけどちょっと我慢して起きている。
映画を見てました。えーなんだっけ。メモったけどスマホの端末初期化しちゃったから消しちゃったかしらね。しくったなあ。
記憶をたどると、メリルストリープの「プラダを着た悪魔」、ロバートデニーロ「インターン」……もう一つはなんだったっけ……。この二作品は準主役が同じ人で、えーと確かアンハート? 違った、ハサウェイだ。邦題はマイ・インターンみたいですね。
どっちも面白かったな。インターンのロバートは私の父のようで、昔ながらの紳士で、クラシックを愛し、人に愛され、まじめで堅実でいつも正しく、でもお茶目で、若々しい素敵なおじいちゃんです。なんだか父に会いたくなっちゃった。笑

さて。
到着は夕方、空港に友人親子が来てくれていました。わざわざありがとう!
ホテルの迎車サービスがあったので、ひとまずお別れ。また明朝ね!

宿泊はヒルトンプラハです。オールドタウンじゃない方。めっちゃ近代的なビルで、
DSC_0022.jpg
メインの入り口は大きな回転ドアでした。
日本では事故があって以来、回転ドアはついていなかったり、あっても使えなかったりして、子どもたちは楽しかったみたい。大人だけど私も楽しかったです。(笑)

大きなホテルなのですが、外の景観は別に……なので、大きな中庭が作ってあり、上まで吹き抜けで、天井はガラスでした。どうやって掃除すんねん。
DSC_0026.jpg

あと面白かったのはエレベーター。
一階から五階に行きたい場合、普通は「上に行く」ボタンを押して待ち、来たのに乗って、中で「5階」ボタンを押し、着くのを待つシステムですよね。
ここでは、まずエレベーターの外にあるのが液晶でタッチ式。

DSC_0036.jpg
ここで「五階」ボタンを押します。
普通に誰でも行ける階ならそれでOKだけど、メンバーしか行けない階だと、部屋のキーカードとかを画面下部にタッチさせて承認してもらいます。
すると画面に「A」とか表示されて、そのアルファベットがついたエレベーターが来ますよ、と教えてくれるので、Aのエレベーターの前で待ちます。
エレベーターが来て乗ると、中に行き先階ボタンはなく、自動的に五階に止まる、ということになります。扉脇にどこに止まるか表示されてるだけ。
まあ、だから、メンバーでなくても、五階に行く人を待って、一緒に乗れば行けちゃうけどねw

ちょっと面白いシステムでした。
ちなみにA~Fまで6機あって、CとDは中庭に面しているので窓から庭が見下ろせます。Dは工事中だったけど。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。