So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

草案を練る。 [テラサガ関連]

昨夜、寝る直前に思いついたというかひねり出したことをメモする余裕がなくてとにかく録音した。
それをひとまず文字起こし。やれることからなんでもやってみなくては。

------------------------------------
近衛隊の隊長と副隊長が姫の護衛から戻って城内へ。
王への謁見→宰相への謁見、そのへんのどこかで騎士団の隊長あるいはレフォアの武官長とすれ違うシーンを追加。
「俺たちにも働く場面をください」と言う血気盛んなところ、レフォアが平和であること、実力を発揮する場面がないことなどをアピールする必要がある。

竜の襲撃に遭ったという伝書鳩の知らせが来て、レフォアでも御前会議をする。
出席は王、宰相、武官長、文官長、神官長、議会の偉い議員数人くらいかな?
王「怖いなー、竜がうちにも来ちゃったらどうしよう」
周りの人「大丈夫っすよ」「竜なんているわけないじゃないっすか」「あの人(在ルセールのレフォア大使)ちょっとロマンティックだから竜巻とか台風とかを竜ってわざと書いてるんじゃないすかね」「自然現象をあえてそういう書き方しただけですから、いるわけじゃありません、子どものおとぎ話じゃあるまいし」
王「そっか―それだったら良かったー」
周りの人「復興頑張ってって言えばいいかな」「これで解散でいいっすか宰相」
宰相「竜対策委員を設置、騎士団は訓練に励み、大砲を作って、有事の際には山脈を越えて行けるように準備を」
周り「えええええ信じるんスか」
宰相「私が信じるかどうかは関係ない。どういうことであろうと、何かあった時のために準備をしておくのだ。そういう時のための税だろ。え、まさかお前らの私腹を肥やすためにあんの?ww」
「……おう……」
騎士団「やるぞー! 全員集合ー!」
みんな「宰相さすがっす、国民のためをいつも考えてらっしゃる」「深いお考えですね」「おみそれしました」
宰相「これで騎士団もしばらく静かになるだろ(仕事を与えられたな)」


で、墓標の章で砂漠に戻ってきた竜をやっつけろという話になる。
竜はもう死ぬ気満々だからやりかえしたりもしないんだけど、チクチクチクチクやめてよもうみたいな、不快感を露わにしている。一向にやっつけられない。
ルセールと近隣諸国の連合軍+レフォアから騎士団も一個大隊が山脈越えて来てる。
武官長が来てるとは思えないが、騎士団長が来てるかも。特攻隊みたいなもんで。
あの時息まいてた人ね、ってことで。
人間が力を合わせて戦う、やっつける→倒せない→剣が必要→四人組到着。

剣がいる。渡しません。渡せ。
「敵は必ず倒さなくちゃいけないんですか」
「対話は」
「無理だしw」
竜が普通に話して、元は人間が悪いという話になり……。という感じかな。

------------------------------
サーナをメインとして出すならサーナのいるシーンをもっと書くか。
ヴィトとアメリ=コルディアとの会話シーンを……。
墓標の章で四人に「こういうことがあったんだ」って説明してた部分をリアルタイムでやろう、かな。

一応、練り直した構成についてはwebページ形式にしてアップしてるページを書き直しておいた。
さて、本文を見なくちゃね(気が重い……)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なかなか難しい [テラサガ関連]

既に書いてある原稿を切り張りしながら再構築するというのは大変難しいでござるよ……。
とりあえず竜編と旅編に分けたのはいいとして。
竜編からやろうと思っても、基本書きたいのは旅編だからどうにも進まず。
でもね。
こっちがある意味では本筋というか、骨組みになってるとこだから頑張らないと。

しょっぱなにアルの王国の滅亡を持ってこようかと思ったけど、「竜」を銘打ってあるからバレちゃったらつまらないし、それよりやっぱインパクトあるシーンを持ってこないとな、と思って、竜の襲撃シーンを持ってきた。
そのすぐあとに二日前の平和なマイオセールの町を歩くリュークのシーンを。
どうかなあ。これでいいかなあ……?

それから。
サーナの登場に意味を持たせようと思ってる。
竜編は内容が薄いから、もう少し膨らませようと思ってね。
王族として、皇女として、重要なキャラにするとやっぱ動かしにくい。そう簡単に盗賊に拉致られるなんて考えられない。それともマイオセール壊滅にしちゃうか……まだまだ悩んでる。
でもあれだよなー、王城も町も壊滅ってことになるとリュークも生き延びるの難しいだろうしなあ。でもまあ生き残った人が話を紡いでいくわけでもあるけども、どうやって生き延びたんですかって説得力が必要になっちゃうし、サーナが魔法でバリアしたとかそういう超常現象はあんまり使いたくないし……難しい。
やっぱ王族として全然重要でない立ち位置で、居場所もないし、サーナが勝手についてきちゃった、って方が自然な気がするんだよな。

リュークとサーナの物語にするか……うー。
竜は大陸全土に関わってくる大災害だけども、政治とか大きな話って難しいから苦手なんだよ……。
レフォアの宰相とかあんまり関わってこないかもしれないよなあ。山脈の向こうとこっちだし、今みたいに通信や交通手段はないに等しいし、伝書鳩(魔法で強化?w)で情報は届くにしても、大量の人間は動けないしねえ。
もっとルセールの方面について深めないとだめかなって気がしてきたんだけど。
話が展開しないんだよ。
あー困った。
とりあえず……ゆっくり考える。
うう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

少しずつ…… [家]

しばらく前に打ちのめされてから、どうにもやる気が復活しないし、嫌な気持ちが充満したままでいるのですが……来客があるということもあり、塾のテキストは片づけました。

「受験が終わったらめいっぱい遊んでいい。でも二月の終わりまでにテキストは片付けようね」とミノに言っていたのですが、やはり遊びが優先して片付けは残ってしまいました。苦笑するしかない。
でもまあ、ね。うん。かなりの部分は片づけたから。いいとします。
それで、段ボールの余っていた部分に残っていた書類やらプリント類をグイグイっと突っ込み、二階の廊下へ。
そこももういっぱいだったのだけど、こーさんが四年のテキストが入った段ボールの上に積んでくれたり、位置を調整してくれたりして、なんとか置けました。
これ、いつまで置いておくんだろうと一抹の不安を抱えつつも、とにかく一階は綺麗になった!

机の上も綺麗にして、砂糖入れと飾り一つのみ。
今はいただいた花が生けてある花瓶もあるのでそれもあるけど。
キッチンカウンターも、何も置かないようにしたいな……。
問題はあとエスプレッソマシンとパスタマシン。
パスタマシンは普段使わないからやっぱしまった方がいいんだろうなと思うけど、しまったら本当に使わなくなっちゃうかもしれないと思ったり、こーさんはきっと出したままがいいって思ってるんだろうなと思ったり、なかなか踏ん切りがつきません。
エスプレッソマシンは台所の奥の方に移動させてもいいかもしれない。
ホームベーカリーは床にしたら? とママ友が言っていて、食べるもの関係を床はなあ……とも思ったのだけど、エスプレッソマシンが来るならそれも手なのかな? と悩んでいます。
でも今のところはまだそのまま……。
うーん……エスプレッソマシンがカウンターからどいたら、部屋が一層すっきり綺麗になるんだろうけどな。

片付けのモチベーションが高くできないまま、でもでもと悩みながら、日々を過ごしています。
こーさんは、綺麗にすれば「すごいねがんばったね」と言って喜んでくれたりするけれど、一緒にやろうという感じではなく、相談しても「いいんじゃない」くらい。さらにもっとと押すと、こないだのように突き放されたり、痛い目に遭ったりするのでもう言いたくありません。
軽いトラウマにもなってるから、片付けを楽しむという感じはないんでしょう……。
私一人が勝手にやって、その結果を報告する、だけ、かな。
私は一人でやるよりこーさんとやりたいし、一緒に暮らしてるんだからと思うし、楽しんでやりたいのですが、どうもそれは難しいみたいです。しょぼん。(:_;)
そんなわけでどうにもこうにも、私が思うようにはいかないのですが……そこは我慢します。
そして一人でがんばります……。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二週間空きました [テラサガ関連]

またちょっと空いてしまった理由は、別宅の小説にかかりきりになっていたからです。
息抜きで書いていたものだけど、やはり読者がつくと一気に書き上げたくなるもので……。
こちらももちろんやりたい気持ちに変わりはないのですが、毎日のように会話する相手がいないとなかなかテンションも上がらず。
でも、向こうはひとまず仕上げてきましたから!
こちらも再開しようと思います。

さて。
……どこからやる?(^-^;)

ものが大きいから手をつけるにしてもどこからやるか、という感じになっちゃうんだけど。
それがねー。進まない原因かも。
でも今朝はこーさんとしゃべって、レフォアの会議シーンをね。ちょっと追記しようかなとか。
大陸の遠い国のことだし、竜って聞いても「なんだそれ、竜巻とかかな?」みたいな感じっていうか、きっと対岸の火事って感覚だろうなと思ったんで、それを入れこもうかと。
でも宰相はちゃんと対応するよ。竜対策室を立ち上げて騎士団の編成し直して大砲とかも訓練させて自分も文献とか調べるし竜倒すためにどうするってことを考えるの。だってもしこっちに来たらその時からじゃ遅いし対策出来てませんでしたって言うわけにいかないもん自国民を守らなきゃいけないんだよ。こういう時のために税金とってるんだもん、それとも何かあんたらの私腹を肥やすためにあんのかよ? ってね。
あと、南国の方は南国の方で王族の生き残りはサーナだけなんだけど、彼女が全部背負うわけはないんだよ。王城の王族はみんな死んだかもしれないけど、良く考えれば結婚したり養子に出した親戚筋の大人がたくさん(?)いるはずだし、サーナが王位継承権第一位だとしても貢献人がつくはずだし摂関政治になるはずなのだー。
近くの国(皇国ミチロやカルツ、砂漠の国エルマーナなど)も救援とかあるいは領土拡大目的で出張ってくるだろうし、まああんまりそういう大きな政治的なことは書きたくな(……ウソです。書けな)いんだけど。
でもちょっと単純すぎたよなと反省したの。

あとは……宰相と魔女の会話も入れるか。
知り合いなのかしら?w
知り合いでもおかしくないよね。権力者と実力者兼ね備えてるから。第一、どっちも闇属性っぽいからなあ。笑
「遠くからの旅人が運命をもたらすって予見があって。そしたら私の弟子も同時期に予見したのよ。四人の旅人の絵を見たにすぎないんだけど。で、弟子が知り合いに彼らを迎えに行ってもらってるの。今こっちに向かってると思うんだけど、まだしばらく時間かかりそう。その間に、ご所望の竜殺しの剣について調べておくわ」とか……。

実際、竜編では四人は脇役だから、剣の封印を解いてくれて、手に入れてくれたところしかかかわらないんだよね。あ、あとあれか、剣を扱えるのがシキくらいしかいない。
ルセールの軍人さんとか、誰かいないのかしら、有名なつわもの。まあでもあれよね、とにかくその時に手元にある駒(っていうとアレだけど)がシキだからね。手っ取り早いよね。
本当は理由づけも欲しいところだけど書いてみないとなんともだなあ。書いているうちに変わったり、書きながら気づくこともあるからなあ。

エイルとクラインの「統治話」も入れたいんだけどクライン多分現地に来ないよなあ。
彼の扱いはもう少し小さくてもいい気がするの。
四人の中での話とか、あるいはヴィトとの話とか……うーん……?
竜編ではあくまで脇役の彼ら、そんなに書くとこないかもなあ。
竜=敵なのかとか、統治についてとか、話すのは旅編で、かも? あー分かんない!

……まあ、とにかく竜編ファイルを開いてみますか。
まずはこっちから書き上げよう!(握りこぶしのスタンプ)

--------------------
って全然できなかったよー!><
テンションが張らないっていうか、やる気が出なくて。ツイッターで交流してたのも一因だけどそれはそれで楽しかった……。
上手くいかない日もある。とほほ。
明日はママ友ランチで外出するけど、朝のうち少しでもやれるかなあ?
今日は今から保護者会→買い物でもう駄目だろうからな。
でも、うん。
こういう風に、一人でPC迎える時間があることは妊娠→チビ育児期にはゼロだったから本当に嬉しいこと。感謝感謝。
明日もがんばろう~!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

取り戻せた~ [テラサガ関連]

探していたファイルを見つけた。
通しの全文と、DragonとAdventureに分けた二つと、全部で三つ。
それらをGoogleDriveに乗せて、二階でDLし、昨日ちょっぴりやった作業を反映させたファイルと合わせて新たなファイルとして保存。
あああああ頭が混乱するー。
そしてもうリミットまで30分。もちろんちょっとでもやるべきなんだけど……駄目だ、できない。弱音。ううー。
次の予定があるとか人との待ち合わせだとかあるとまったく集中できない。
せめて読もう……。そんで次はこれを書くぞ、ということをメモっておけたらいいな。

とりあえず、こないだ考えたのはこれ。
リュークがヴィトの家に行くシーン、ヴィトが「私は情報屋じゃない精霊使いだ」というところね。リュークがギルドの話を少しして、ヴィトが「俗世の些末な用件に時間を取られるのは本意じゃないんだ」というようなことを言うシーンを入れようと思ったの。
それと……やっぱり主人公がいないから、その問題をどうにかしないと。
リュークでもいいしクラインでもいいしヴィトでもいいんだけどもともとがそうじゃないからどうにもピンとこないのよね。
最後の方、「墓標」の章はどうやって書こうかなあ。クラインがやっぱり出てこないと話にならないよね?
あ、主人公はアルなのか。そうか、そうよね。
でもなあ。
ずっと出てこないからなあ……。
うーんうーん、どうしようかなあ。うーんうーん。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一ヶ月空いたらファイルが分からなくなった [テラサガ関連]

一ヶ月ほど家庭の事情で離れていて(別宅の作業もしていた)、久々に今日書こうと思ったんだけど、ファイルが見当たらない。
前回、二作に分けようと思ってファイルも分けた記憶があるんだよ。
だけどそれがどこだったか……おおう……。
分からなくなってしまった。
全文はあるので、改めて分けたファイルを作ればいいんだろうけどもよ。
気に入らないなあ。
でもとりあえず書こうと思うシーンだけは書こう。がんばる。

--------------------
全文ファイルも複数あるようで、ネットワークで共有したかったからちょっと分かりにくい感じになってるなあ。
とりあえず最新のファイルは分かるから、それを改めて二作に分けた。
dragon20180207.txtと、adventure20180207.txtということで名前を付けて保存したら、dragonの方はえらく短いのよね、あたりまえだけど。
新規で少し文章を書いて……元は第二章だった「未曾有の恐怖」を少しだけ手直し。
後はどうしようかなー。とりあえずコンセプトとかだけでも書くか。
ああもうあと二時間切ったあー! うぎゃー!

ってあれ?!
「砂漠」の章、かなり書きなおしたのにそのファイルどこ……
がーん。ウソでしょ。保存してないなんてまさかですよ。
え、どゆこと。
一階のPCでやってたから本体保存? まさか。ネットワーク上のGoogleDriveかHDD保存のはずなんですけど。えーん、どこ行っちゃったのよー。
やる気が……萎える……うう。

------------------------
二階のPCは予測変換が出来ないから、一階のを使うと「楽……!」と思う。
それでもやっぱりWin10より7のが安定していていいと思う。

閑話休題。

昨日なくしたと思っていたファイルは一階のPCで発見された♪
OneDriveに入ってたわ。なるほどね。
GoogleDriveのがいまんとこ使いやすいから、そっちに移しとこ……。
中身確認して、もっかいやろう。
今日が一時前までだから、お昼ご飯のことも考えると12:00までか。
こーさんが洗い物してくれたから、洗濯物だけたたんだら作業できる。
十時から二時間ね。よっしがんばるぞ!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

打ちのめされる [家]

家のことなんですが、出したら戻すを徹底しなくちゃいけないのは子供のころから言われ続けてることだし、面倒がっちゃいけないって分かってるんですが、どうにもできない時があり。
日々の片付けと掃除……優先順位の高いものからやるべきなのは分かっているのですが、それだといつまでもおうち改造計画も生活向上委員会も進まない。
だから、今日は玄関、とか、今日はここ、と決めて一生懸命やったりもしました。
昨日はお客が来たのでリビングと和室を綺麗にしました。
でも今朝、夫に、やはり子供にも元に戻すをやらせなくては、というようなことを言われ、自分のしつけが、ていうか私自身が出来ないからいけないのだと思い知り、打ちのめされて散々泣きました(夫はそんな言ったつもりじゃないのでさぞ面食らったことでしょう……迷惑かけました)。
私は自分に自信もないし、ものすごくヘタレで落ち込みやすいので、復活するために午前中いっぱいかかりました。夫にもだいぶ励ましてもらって何とか立ち直りましたが、内心はまだまだ傷だらけです……。

毎日の洗濯はやるけど、でもたまには休んでシーツも洗わなきゃならない。本当なら毎日の洗濯もした上で、シーツを洗う日は二回も三回も洗濯機を回すべきなんでしょうが、そうすると今度は台所や掃除が間に合わなくなります。それもこれも全部とやると今度は私自身が倒れます。
だからシーツを洗う日は毎日の洗濯を休んで、となることもあるんです。それはいいと思うの。
だけど今日は、「ここをこうしたいとかの希望もいいけど、それより毎日の片付けが先じゃないか」と言われたような感じで。
毎日の片付けに追われてたら、それ以上のことが出来るようにはならないと思えます。
それに、いつだってマイナスをゼロに戻す作業だけで、それが嫌いな私は、「綺麗なおうち」「整頓された美しい場所」などを考えたり、作ったりする、「楽しいこと」がなくなっちゃう。

そもそも。
「綺麗である」が常態化すると、誰もそれを褒めてはくれません。散らかっているのを片付けるから「おっ、今日はがんばったね」ってなるんです。
私が普段家にいて、ずっと家の中にいて、一体何を考え、何をどれくらいやっているか、それは見ていない人には分からない。
もちろん、ずっと働いてるわけじゃないから、「なんだ楽そうだな」って思う人もいるかもしれないけど、でも働いてだっているんです。
でも働いているところは「見えない」。
綺麗になっているのが当たり前になれば、誰が綺麗にしているか、気づかない。分かっていても、「見てない」んです。
片付いていなければ、それは「見える」。
子どもは、私が叱らない時は気づかない。叱られたら「叱られた」って思う。だから、なるべく褒めるようにしています。「褒められている」を意識してほしいから。
私だって。
当たり前の毎日の家事を、やって当然の仕事を、褒めてほしい。
そのうえで、得意でないことや出来ないこともあって、あるいは出来ない日もあって。
それでもこういう風にしたらどうかなって話したことを「お母さんがなんかやりたいらしいよ」ではなく「一緒にやろう」って意識を持ってほしい。
家族みんなの問題だから、私は私一人の考えで断行したくないんです。
みんなに意識を持ってほしい。
私が一人で頑張って褒めてもらう、じゃない。
みんなでやりたい。
もちろん、作業量は私が一番多くていい。それが仕事でもあるし。
でも、興味や関心を持って、意識を持ってほしいし、褒めても欲しいし、お母さんがんばってるから自分もちょっとやろうって思って欲しいし、それがいいことだって思って欲しい。
こうしてほしいばかり書いたけど……今日は苦しくなったので吐き出してみました……。
今日もがんばります。
試験直前の娘が気持ちよいベッドで寝てくれたらいいと思うからシーツを洗い、布団を干すよ。
台所の皿も洗うし床も掃除するし埃も綺麗にするし洗濯物もたたむしアイロンもかけるし買い物も行くし夕食も作るし明日からの準備もするし子どもの宿題も見るしおやつも用意するしそれで笑顔でいるようにがんばるよ。
……私が倒れない程度にね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感